どんな時がタバコが吸いたくなるのか

一度味を知ってしまうとタバコは一生止められなくなる常習性の高い物です。
しかし長いタバコ歴を持つ人も本気になれば禁煙を成功させる事ができます。
また家族の事を考え健康や金銭面で見直しを考えているなら、そう思った時が禁煙治療を始めるチャンスと捉えると良いです。
本気で禁煙治療を考えているなら、医師の指示のもと治療を開始するのが一番良い方法です。
どんな時タバコが吸いたくなるのか、それはニコチンが切れた時や不安・ストレスを感じている時です。
タバコを吸うとニコチン受容体にニコチンが結合しドパミンが放出されます。
これにより一時的に興奮状態を引き起こし、気持ちを楽にさせてくれます。
ニコチンが切れると無性にタバコを吸いたくなる衝動を抑えられなくなる禁断症状が出るため、喫煙をしてしまいます。
この衝動を薬で管理するのが禁煙治療薬になります。
禁煙治療薬には、チャンピックスとニコレットがありそれぞれ異なる特徴を持ちます。
チャンピックスは病院やクリニックの禁煙外来で処方される薬であり、ニコチン切れ症状を軽くしタバコをおいしく感じなくさせる飲み薬です。
一方ニコレットはニコチン置換を目的とし吸わない代わりにニコチンを体内に入れ禁断症状を軽くするもので、薬局等で購入する事ができます。
特にチャンピックスは副作用が出るケースもあるため、医師の指導のもと服用する必要があります。
また無断で服用を中止したりせず医師の指示のもと服用を続ける事が大事です。
禁煙治療に一番大切なのは、もう絶対に吸わないと言う強い意志と覚悟を決める事です。
治療薬に頼り過ぎるのではなく、薬は補助薬と言う認識のもと負けない心を持つ事が禁煙成功のカギとなります。

タバコを止めると、どうなるのか

タバコを止めるとどうなるのか、世界がかわります。
タバコを止めたくらいで、世界が変わるなんて大げさな例えに聞こえます。
しかし禁煙を実行した場合の個人の利点として、食事が美味しく感じられる又は生活習慣病予防と数多くあります。
さらに喫煙した個人周囲の家族や同僚を、副流煙による健康被害から守れふかいな思いをさぜずにすみます。
ここまでは良く喫煙者に対し、禁煙を促すさいに言われる事です。
禁煙者の周りには周囲の人々が存在するように、更にその周りにも命が存在します活動し生きている命は人だけとは限らないのです。
タバコを止めるとどうなるか、ポイ捨と火災が減ります。
なぜなら2013年調査で火災発生原因の第2位はタバコの火の不始末だからです。
タバコの葉は市販のアリ除けより、アリが近寄らない程の効果がみられます。
確実にポイ捨てや火災により自然界の小さな多くの命が失われれ、又それを餌に生きているものに食物連鎖の変化が応じます。
その変化は時間をかけて世界に広がって行きます。
そして食物連鎖の流れにより人々にも、影響がでます。
世界を変える事などできないと日々を送っている禁煙者の皆様、タバコをやめるとどうなるのか、貴方が毎日暮らす地球を変えられます。

喫煙と年齢の関係

喫煙と年齢の関係についてお話していきます。
日本では18歳以上から喫煙できるようになっていますけど、実際には中学生から吸っている人もいますし、高校生の喫煙も問題視されています。
中学生や高校生などの時期つまり若い時期にタバコを吸ってしまいますとまず発達障害が起こってくる可能性があります。
この時期は成長期でもありますけど、タバコの有害成分が成長を妨害する可能性がありますのでうまく成長できない可能性があります。
また、脳にも影響がでてきて、記憶力が低下したりもしてあまりよろしくないです。
そして若い時から喫煙する事によって将来的に癌になる可能性が高くなってきます。
まだ、成長段階ですとそれだけタバコの煙が体内を漂いやすいですし、肺がんの場合は、吸う時間が長いほど将来的にリスクが高くなります。
つまり、若い時から吸うとそれだけ長い間タバコを吸っていますので癌のリスクが高まってくるのです。
もちろん、30歳や40歳から喫煙しても体に害が及んできますけど、喫煙する時期が早いほどその害は大きくなってしまうという事です。
以上のようにタバコは若い時から吸いますと将来的には全くよくないですので注意しなければならないです。

ページトップへ